Erleada : アーリーダ (Apalutamide : アパルタミド)

承認日: 2018年2月18日
社名: Janssen
医薬品名: Erleada : アーリーダ
主成分名: Apalutamide : アパルタミド
含有量: 60MG
剤形: TABLET;ORAL
適応: 遠隔転移を有しない去勢抵抗性前立腺癌
リンク: erleada.com

見積もり依頼フォーム

以下の項目にわかる範囲でご入力のうえ送信ボタンを押してください。

輸入目的 医師による患者治療目的試験研究目的その他
検討状況 関心があり情報収集中他社と比較して検討したい購入前提で最良の提案を希望している
希望納期 通常最短
品名(必須)
補足情報
所属団体
氏名(必須)
ふりがな
メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
要望

※確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか?(必須)
はい

関連ニュース
  • FDA – label
  • Drugs.com – Erleada
  • 海外がん医療情報リファレンス – FDA、無転移生存期間をもとに非転移性去勢抵抗性前立腺がんにアパルタミドを承認
  • Rxlist – Erleada※機械翻訳
  •  
    薬の説明
    ERLEADA™
    (アパルタミド)錠

    説明
    アパルタミド、ERLEADAの有効成分は、 アンドロゲン受容体阻害剤です。 化学名は、(4− [7−(6−シアノ−5−トリフルオロメチルピリジン−3−イル)−8−オキソ−6−チオキソ−5,7−ジアザスピロ[3.4]オクタ−5−イル] −2−フルオロ−Nである。 – メチルベンズアミド)。 アパルタミドは、白色からわずかに黄色の粉末です。 アパルタミドは広範囲のpH値にわたって水性媒体に実質的に不溶である。

    分子量は477.44、分子式はC 21 H 15 F 4 N 5 O 2 Sです。構造式は次のとおりです。

    ERLEADA™(アパルタミド)構造式図
    ERLEADA(アパルタミド)は、60 mgのアパルタミドを含む経口投与用のフィルムコーティング錠として供給されています。 コア錠剤の不活性成分は、コロイド状無水シリカ 、クロスカルメロースナトリウム、ヒドロキシプロピルメチルセルロース – アセテートサクシネート、ステアリン酸マグネシウム、微結晶セルロース、およびケイ化微結晶セルロースである。

    錠剤は、以下の賦形剤:酸化鉄ブラック、酸化鉄イエロー、ポリエチレングリコール、ポリビニルアルコール、タルク、および二酸化チタンを含む市販のフィルムコーティングで仕上げられている。

  • DRG – FDA on a Roll, the Party Continues: Drug Approvals in 2018 (Part 2)
  •  
    Erleada, the first FDA-approved therapy for nonmetastatic castration-resistant prostate cancer (nmCRPC) is expected to strengthen J&J’s position in the prostate cancer market. The drug exhibits a strong efficacy benefit and has been added to the NCCN guidelines as a category 1 recommendation for treatment of nmCRPC, which will significantly influence treatment of this disease.


    ※機械翻訳
    非転移性去勢抵抗性前立腺癌(nmCRPC)に対するFDA承認の最初の治療薬であるErleadaは、前立腺癌市場におけるJ&Jの地位を強化すると期待されています。 この薬は強力な薬効を示し、この疾患の治療に大きな影響を与えるnmCRPCの治療に対するカテゴリー1の推奨としてNCCNガイドラインに追加されました。

医療従事者様向け活用事例コミック小冊子

クスリネットの活用事例をコミック小冊子にしました。 学会や展示会で配布している資料です。 ぜひ、この機会にダウンロードしてご覧くださいませ。

ファイル形式は、Adobe PDF です。対応したブラウザ、またはソフト等が必要な場合があります。