いちるの望みを

 国内で利用可能な治療の選択肢を使い果たした患者様とその医療機関に対して、本邦未承認薬や適応外使用を目的とした薬の輸入調達による倫理的な解決方法を提案しています。

 世界各国では、困難な病気と闘う患者の思いに応えるため、先進的な医療について安全性・有効性などを確認しつつ、身近な医療機関で迅速に受けられるようにする取り組みとして「コンパッショネートユース(人道的見地からの治験)」という制度が確立されています。 日本でも未承認薬等を迅速に保険外併用療養として使用したいという困難な病気と闘う患者の思いに応えるため「患者申出療養」という制度もあります。 患者様の疾患のレベルによっては、患者申出療養制度を使うまでもなく簡易的に療養したいというケースもあるでしょう。 望みを捨てず自身にとって最良の治療を検討できる時代となりました。

厚生労働省:患者申出療養の概要について

治療の難易度と自己負担の相関図

自己負担と難易度の相関図

標準治療: 公的保険適用の診療です。
自費診療: 自由診療と呼ばれる公的保険適応外の診療です。医療機関と個別契約で行われる診療です。
自費個人輸入: 学術論文などで有効と認められた薬が国内未承認であったり適応外の際に、自ら個人輸入した薬を用いて医師が診療します。
治験参加: 薬の承認を目的に行われる未承認薬の臨床試験に参加する行為です。ほとんどの場合、薬剤代金の負担はありません。
患者申出療養: 未承認薬等を迅速に保険外併用療養として使用する制度です。指定の医療機関に患者から申し出る必要があり、一部の疾患に限られます。
拡大治験: 参加基準を満たさない治験であっても、人道的見地から実施される治験で製薬会社が独自基準で実施しています。国内では実施されず、通常、患者様は医師を通じ海外の製薬会社にコンタクトを取り折衝のうえ治験に参加します。お薬自体は個人輸入する形となります。クスリネットでは拡大治験の手配も致しております。

まずは主治医にご相談願います

 日本の医療機関でも人道的見地から未承認医薬品や適応外使用を目的とした医薬品の使用に対して寛容に対応する先生が増えてまいりました。 ご希望の医薬品がある場合は、一旦、主治医にご相談いただけますようお願いいたします。 なお、クスリネットでは安全性確保の観点から医薬品を患者様へ直送する事は致しかねます。 ただし主治医から当店との対応・支払いを任された場合は「ご注文者は患者様、配達先は主治医様」という形で承りますのでお気軽にお問い合わせください。

医療機関のご紹介をご希望の方へ

 次の領域では未承認薬・適応外使用を目的とした医療機関をご紹介可能ですのでご希望の患者様はお問い合わせください。

  • がん領域
  • 小児領域
  • AGA領域

 なお、全ての要望にお応えできるわけではございませんので予めご承知おき頂けると幸いです。

ご留意いただきたい点

  • 医薬品の納品先は医療施設のみとなります。患者様への納品は一切承れません。
  • 費用はすべて自費となります。(税制上の医療控除には対応しています)
  • 個人輸入された医薬品による健康被害については医薬品副作用被害救済制度の対象外です。
患者様にご理解いただきたい重要事項
 なぜ、あなたの主治医は、通常の医師であれば厄介で敬遠したい海外医薬品の情報収集、調査、治療プランの策定をするのでしょうか? それは、患者の立場で考える医師だからこそ既存の枠組みにとらわれず、医師としての倫理観に従い、治療の可能性を最大限模索した結果だと思われます。 先進医薬品の個人輸入調達に対する医師の立場は、あくまでも治療の選択肢としての情報提供と投薬管理や服薬指導であり、症状の改善を約束するものではないこと、未承認医薬品の使用に関する責任は患者様に帰属する事をご理解願います。

医療従事者様向け活用事例コミック小冊子

クスリネットの活用事例をコミック小冊子にしました。 学会や展示会で配布している資料です。 ぜひ、この機会にダウンロードしてご覧くださいませ。

ファイル形式は、Adobe PDF です。対応したブラウザ、またはソフト等が必要な場合があります。