Emgality (Galcanezumab-gnlm)

承認日: 2018年9月27日
社名: Eli Lilly and Company
医薬品名: Emgality
主成分名: Galcanezumab-gnlm
含有量: 120MG/ML
剤形: INJECTABLE;INJECTION
適応: 片頭痛
リンク: emgality.com
参考資料: FDA – label
Drugs.com – Emgality

見積もり依頼フォーム

以下の項目にわかる範囲でご入力のうえ送信ボタンを押してください。

輸入目的 医師による患者治療目的試験研究目的その他
検討状況 関心があり情報収集中他社と比較して検討したい購入前提で最良の提案を希望している
希望納期 通常最短
品名(必須)
補足情報
所属団体
氏名(必須)
ふりがな
メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
要望

※確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか?(必須)
はい

関連ニュース
  • Lillimedical.jp – イーライリリー、成人の片頭痛の予防治療を適応とする Emgality™ (galcanezumab-gnlm)に対する米国食品医薬品局(FDA)の承認を取得
  • Rxlist – Emgality※機械翻訳
  •  
    EMGALITY
    皮下投与のための(galcanezumab-gnlm)注射

    説明
    Galcanezumab-gnlmは、 カルシトニン遺伝子関連ペプチド (CGRP) リガンドに特異的なヒト化IgG4 モノクローナル抗体です。 Galcanezumab-gnlmは、 組み換えDNA技術によってチャイニーズハムスター卵巣(CHO)細胞で産生されます 。 Galcanezumab-gnlmは、2本の同一の免疫グロブリン κ軽鎖と2本の同一の免疫グロブリンγ重鎖から構成されており、全体の分子量は約147kDaです。

    EMGALITY(galcanezumab-gnlm)注射は、無菌、保存剤不使用、無色から淡黄色、無色からわずかに黄色から淡褐色の溶液で、単回投与用のペンまたは単回投与用の注射器で120 mgを投与できますgalcanezumab-gnlm 各mLは120 mgのgalcanezumab-gnlmで構成されています。 L− ヒスチジン 、USP(0.5mg)。 L−ヒスチジン塩酸塩一水和物(1.5mg)。 ポリソルベート80、USP(0.5mg)。 塩化ナトリウム、USP(8.8mg)。 注射用水、USP。 pH範囲は5.3〜6.3である。

  • DRG – FDA on a Roll, the Party Continues: Drug Approvals in 2018 (Part 2)
  •  
    Emgality is a humanized MAb and CGRP antagonist that in addition to being approved for migraine prophylaxis is in development for cluster headache. The drug is also well tolerated and has a clean side effect profile, with no warnings or contraindications on its label. Like Aimovig, Emgality faces payer restrictions but Eli Lilly is offering patient-assistance programs for this drug. It can also be self-administered by patients at home once a month.


    ※機械翻訳
    Emgalityは片頭痛予防薬として承認されていることに加えて、群発性頭痛のために開発中のヒト化MAbおよびCGRP拮抗薬です。この薬はまた忍容性が高く、そのラベルに警告や禁忌がない、きれいな副作用プロファイルを持っています。 Aimovigと同様に、Emgalityは支払人制限に直面していますが、Eli Lillyはこの薬に対する患者支援プログラムを提供しています。月に一度、自宅で患者が自己管理することもできます。

クスリネットへのリンクのお願い

クスリネットの理念「世界をつなぎ、いのちをつなぐ」を広げる為、皆様のご協力をお願いいたします。 ウェブサイトへのリンク用素材をご用意いたしましたので、あなたのウェブサイトやブログ、SNSなどでクスリネットを紹介してください。