Xpovio (セリネクソール:Selinexor)

承認日:2019年7月3日
社名:Karyopharm Therapeutics
医薬品名:Xpovio
主成分名:セリネクソール:Selinexor
含有量:20MG
剤形:TABLET;ORAL
適応:難治性多発性骨髄腫
リンク:xpovio.com
参考資料:FDA – label
Drugs.com – Xpovio
メディカルオンライン – 再発難治性多発性骨髄腫(RRMM)患者治療のためにXPOVIOを迅速承認

見積もり依頼フォーム

以下の項目にわかる範囲でご入力のうえ送信ボタンを押してください。

輸入目的医師による患者治療目的試験研究目的その他
検討状況関心があり情報収集中他社と比較して検討したい購入前提で最良の提案を希望している
希望納期通常最短
品名(必須)
補足情報
所属団体
氏名(必須)
ふりがな
メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
要望

※確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか?(必須)
はい

関連ニュース
  • 海外がん医療情報リファレンス – FDAが再発・難治性多発性骨髄腫にselinexorを迅速承認
  • ミクスonline
    ※引用 – Xpovioは、経口核外輸送タンパク質阻害剤と呼ばれる薬剤である。核外輸送タンパク質は、腫瘍を抑制するタンパク質を細胞の核内から核外に輸送する働きする。腫瘍抑制タンパク質を核外に送ることで、腫瘍抑制タンパク質の機能を抑え、がん細胞増殖を促す。このため、同剤は、核外輸送タンパク質の働きを阻害することで、がん細胞の増殖を抑える。
  • Answernet – 海外新薬承認情報(2019年7月分)
    ※引用 – 米国初の経口選択的核外輸送タンパク質阻害薬「Xpovio」(一般名・selinexor)は、再発・難治性の多発性骨髄腫を対象に、dexamethasoneとの併用療法で承認されました。4回以上の治療歴があり、プロテアソーム阻害薬、免疫調整薬、抗CD38抗体に耐性のある患者が対象です。日本では、導出先の小野薬品工業が多発性骨髄腫と非ホジキンリンパ腫で臨床第1相(P1)試験を行っています。

クスリネット利用案内パンフレット

クスリネットで医薬品を取り寄せられる事は理解したけど、いまいちイメージがつかめないという方に朗報です。 学会や展示会で配布しているクスリネットの利用案内パンフレットをA4サイズ8枚のPDFファイルにしました。 ダウンロードした資料を印刷して倫理委員会を説得する材料としてもご利用いただけます。